スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシー・クールな洋楽その4

管理人おススメのセクシー・クールな洋楽を紹介するシリーズの第4回目です。

今回はJade Anderson(ジェイド・アンダーソン)の"Sugarhigh"(シュガーハイ)をご紹介します。

Jadeはイギリスの有名なロックバンドYES(イエス)のボーカルJon Anderson(ジョン・アンダーソン)の娘ですが,音楽活動は父の力を借りずにがんばってきたようです。

シュガーハイとは,砂糖の摂りすぎでハイになっている状態のこと。造語のように思えますが,英語では普通に使われる表現です。
この曲はタイトル通り,メロディも歌詞も歌声も甘いです。恋の甘美さを歌っているのですが,歌詞は過去形で語られていて終わった恋のようです。



管理人は歌詞からその背景にあるドラマを勝手に想像するのが好きです。この曲についても妄想してみました(笑)

この曲はJadeがバカンスで訪れたカリブ海の島で,現地の青年と恋に落ちたという設定なんじゃないかと思います。

学生の彼女が夏休みでその島に長期滞在している間,現地の同じ年頃の青年と偶然知り合いお互い一目で恋に落ちる。
彼はとても魅力的で優しく,彼女はこれまでに味わったことのないような幸福感を味わう。
でも彼女の学生という身分,現地でつましい生活を送る彼の経済状況なども考えると,この恋を続けることはできい。
彼女は滞在期限が来てそこを去る…。でもイギリスに帰ってからも彼のことが忘れられない。って感じなのではないのでしょうか。

恋の舞台をカリブ海にしたのは,ジェイドの母親がそこの出身だからです。
だから彼女は褐色の肌をしていて,現地の青年とも似合うのではないかと思います。

この曲の中で管理人が一番好きな部分は
He was the delicate morning rain. That fell to wash away my pain.
です。delicateの「デ」のアクセントの発音がゾクゾクします(笑)

意味は「彼は私の痛みを洗い流してくれる優しい朝の雨のようだった。」ってところでしょうか。
夢中で脳内麻薬が出まくって,過去の傷や現在の悩みを全て忘れてしまう…そんな恋,一度でいいから経験してみたいですね。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
目次
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。