スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚相手としての官僚はどうなのか?

a0782_000742.jpg

超エリートである官僚ですが,結婚相手としてはどうなのでしょうか。

京都大学を出て官僚になった友人は,「給料が安いのに,転勤・残業が多いし,何かと世間の目が厳しいから,官僚の旦那はお勧めしないよ」と言っています。

ただ,いろいろ話を聞いていると「国費留学できて,その間は給料や手当がかなりもらえる」とか,やはりおいしい面もあるようです。
難しい試験に受かった人たちですから,多少の優遇はあってしかるべきだと,管理人は思います。

蛇足ですが,官僚の友人から聞いた話をご紹介します。本当のことかネタかは分かりませんが,官僚の男性との話題作りにどうぞ。

●官僚などの公務員も自分の勤め先のことを「会社」と呼ぶ。

●財務省の官僚は,お金を握っているので一番立場が強い。官僚の中でも一番のエリートとされ,「財務さま」と呼ばれている。

●その財務省の官僚は,「超優秀な人」と「ダメな人」を採用して,「普通な人」を採用しない。なぜなら,普通な人が超優秀な人をうっかり追い越してしまうと困るからである。

●官僚は地方の公務員にメールで指示を出すとき,帰社寸前に送る。そうやって,「こんな時間までがんばってるんですよ」というアピールをする。

テーマ : 婚活論
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
目次
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。