スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉の輿と年収について考える

002418w.jpg

このブログのタイトルにもなっている「玉の輿」とは,具体的にはどれ位の年収の相手と結婚することでしょうか。
管理人が勝手に定義してみたいと思います。

※玉の輿に乗るというのは,名門一族の人と結婚した場合にも使われますが,今回は分かりやすく年収を基準にしました。本人の年収はさほどでなくても御曹司で土地持ちなどの男性と結婚した場合は疑いなく玉の輿ですが,今回はあえて言及しないことにします。

それでは前置きが長くなりましたが,玉の輿の定義を発表させていただきます!

管理人の独断により,
「プチ玉の輿」の定義は…年収一千万以上二千万未満の相手と結婚すること
「玉の輿」の定義は…年収二千万以上の相手と結婚すること
としてみました。

以下にその理由を述べます。

現代日本の適齢期男性の年収は,だいたい350~500万位だと思います。こんなブログの管理人が言うのもなんですが,十分豊かに暮らせる年収だと思います。

ただ,ほとんどの女性が「結婚相手の年収はできるだけ高い方がいい」と思っているようです。あるアンケートでは,女性が結婚相手に望む年収で一番多かった回答は600万とのことです。現実には,若くして年収600万を稼げる人はかなり少数派です。

女性たちも婚活をすれば,「自分は何と高望みだったのか」と思い知ることになると思います。

net2.jpg


なので年収700万の適齢期男性というと,さらに少数派ですね。年収700万以上の男性しか参加できないことを売りにしたお見合いパーティーもあるそうです。

では,なぜ年収600~900万代の年収の男性との結婚を「プチ玉の輿」とは呼ばないのかというと,一番の理由は,単純に桁が一つ上がった方がキリがいいのと,響きの良さです(笑)

また,一人でその年収を稼ぐ男性はすごいですが,共働きで妻も正社員なら世帯収入としてはほぼ同じになるので特別感がない,という理由もあります。

年収一千万を稼ぐ男性の職業の例としては,中堅以上の医師,弁護士,エリートサラリーマン(マスコミ・金融など)があると思います。管理人の定義では,そのような人たちと結婚した人は,「プチ玉の輿」に乗ったということになります。
次に,年収二千万以上を「玉の輿」とした理由を述べます。

これは,あるメディアで,『富裕層』とされていたのが二千万以上であったことをヒントにしています。

また,「年収二千万より上はいくら年収が上がっても,生活の質はそれほど変わらない」と聞いたこともあるので,そのことも考慮しました。実際には本人の金銭感覚次第だとは思いますが。

年収二千万を稼ぐ男性の職業の例としては,流行っている開業医,渉外弁護士,超有能なエリートサラリーマン(外資系の金融・コンサルなど),社長,投資家,スポーツ選手(野球・ゴルフ・競艇など)があると思います。

そのような人たちと結婚した人は,「玉の輿」に乗ったということになります。ただ,お相手の男性がその年収をいつまで稼げるかは分かりませんが…。

【関連記事】
本当にあった玉の輿(シンデレラストーリー)
エリートと見なされる職業とは?
プチ玉の輿に乗れる条件―美貌?それとも学歴?
結婚相手としての官僚はどうなのか?
フジの中野美奈子アナが医師と結婚へ!
このブログオリジナル!玉の輿度診断
「あなたに合った玉の輿戦略」診断チャート

テーマ : 恋愛・結婚について思うこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
目次
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。