スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち込んだときに立ち直る方法

008111.jpg

たまに,大した理由もなくイライラしたり,ナーバスになったりする時期ってないですか?

そんな時は感情の安定に関わる脳内物質「セロトニン」が不足しているのかもしれません。
イライラしていたり落ち込んでいては,せっかくの美人も台なし,婚活も成功しませんよね。
セロトニンを出すように心がけて,毎日を健やかに過ごしましょう。

今回は,管理人が普段セロトニンを出すために心がけていることを紹介します。


☆バナナ牛乳を飲む

バナナや牛乳には,セロトニンの材料になるトリプトファンやビタミンB6が多く含まれています。
管理人はそれらをダブルで摂るために,朝バナナシェイクを飲んでいます。
トリプトファンを多く含む物質には他に,豆製品,赤身の魚,肉,そばなどがあるそうです。
また,トリプトファンを脳に運ぶにはブドウ糖が必要らしいので,ご飯,パンなども朝食で摂っています。


☆コーヒーなどのカフェインを控える

カフェインは脳を活性化させますが,大量のカフェインは感情の安定に関わる物質を壊してしまうそうです。
コーヒー好きの管理人ですが,落ち込んでいるときはできるだけコーヒーを飲まないようにしています。
緑茶にもカフェインは含まれていますが,緑茶には精神をリラックスさせるテアニンも含まれているので,適度に飲むようにしています。


☆光を浴びる

セロトニンの生成には強い光が必要です。管理人は日光を意識的に浴びるようにし,強い光を浴びることができるという健康器具を使っています。
また,これは効果があるのか不明ですが,できるだけ白い色を見るようにしています。パソコンの壁紙は白です(笑)

日照時間の少ない北欧では,白色セラピーといって,内装が真っ白のカフェに白い服を着て入り,数時間過ごすという健康法もあるそうです。


☆深い呼吸をする

自分がイライラしているな,と感じたら丹田呼吸法というのを実践しています。お腹に手を置いて,おへその下辺り(丹田)に意識を集中しながらゆっくりと息を口から吐き,鼻から息を吸い込みます。吐く呼吸を丁寧にするのがコツで,吸う時間の2倍くらいかけます。息を吐く秒数・吸う秒数はカウントしてもいいようですが,カウント自体がストレスになるようであればカウントはしなくていいようです。

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
目次
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。