スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金をかけずにオシャレなインテリアにするコツ

お金をかけずに高級感があってオシャレなインテリアにするコツを考えてみました。

a0780_000628.jpg

●色は白・黒・茶・ベージュ(生成り)、シルバーで統一し、植物の緑を差し色にすると失敗なし。
※オシャレな暮らしに観葉植物はほぼ必須。世話をする自信がないなら造花(人工観葉植物)がおススメ。
紫や赤などの小物を差し色にしてもよい。柄物はできるだけ避けた方が無難。

●テイストを揃える。
ホテルのようなシンプルモダンテイストか、自然素材を使ったナチュラルテイストで揃えると失敗なし。

●似たテイストの物を近くに置く。

●面を揃える。
物がでこぼこに並んでいるとすっきりしないので、カゴなどを並べる場合、特に前面を揃えるように気をつける。
大きさはばらばらでも、素材感と面さえそろっていればOK。

●その物にふさわしい置き場所をとことん探す。
同じ物でも、置き場所や置く向きによってすっきり度が全然違ってくる。

●収納グッズ(カゴやビンなど)は同じものをまとめていくつか購入し、統一感を出す。

●家具や雑貨は無印良品、ニトリ、IKEA(イケア)、Francfranc(フランフラン)、NATURAL KITCHEN(ナチュラルキッチン)などで購入する。
※IKEAの家具は自分で組み立てないといけない物が多いので注意

●パッケージのごちゃごちゃした生活用品は、見えない場所に収納するか、まとめてオシャレなカゴに入れるか、透明な瓶などに詰め替えるか、ラベルをはがして置く。
※外国製の洗剤など、元々オシャレなパッケージの物を買うのも手。
※ティッシュなどはオシャレなティッシュケースを使用するのがおススメ。

●インテリアを乱す物がある場合、インテリアに合った色の布をかけて隠す。

●できるだけ少ない物で暮らす。「大好きな物だけに囲まれた暮らし」を目指し、使わない物・自分にとって魅力のなくなった物は思い切って処分する。消耗品以外を買う時は、「本当に必要か」よく検討する。
※片づけ下手な人は、物を処分するのが苦手だという人が多い。

●表(見える場所)に出しておくものは、本当に頻繁に使うものだけにする。

●しまいこむ物は、「冠婚葬祭に使うもの」「思い出の品」などグループごとにまとめて収納する。
※片づけ下手な人は、この「グルーピング」が下手な場合が多い。

●物の定位置(=しまい場所)を決める。

●部屋を選ぶ際は、備え付けの収納スペースが多いところにする。

●定期的に人を家に招待する。他人の視線を意識して片づけることはとても大事。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
目次
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。